ジャズ界のレジェンドの半生を描いた、 「ブルーに生まれついて(BORN TO BE BLUE)」公開記念パーティーが開催決定。

2016/11/18 - Art, Life Style, Movie

秋から冬へ、どんどん季節が進んでいる今日。
夜長な冬は仲間とお酒を飲み交わすのもいいけれど、一人でゆっくり過ごすのも悪くない。

そんな時に音楽を聴いて、日頃のストレスや疲れを癒したい。聴く音楽は三者三様だけれど、夜はしっとりとした音楽がいい。

特にジャズなんて、どうだろうか。
最近の音楽シーンはヒップホップがフィーチャーされているが、ジャズも負けていない。
心を落ち着かせたい時に染み渡る、独特のメロディがたまらなくいい。

でもどのアーティストから聞けば良いのか、わからない人も少なくないだろう。
そこでオススメしたいアーティストがいるので、ご紹介したい。

その名もチェット・ベイカー。
どこかで彼の名を聞いたことがあるかもしれないが、ジャズ界ではレジェンドと称される名トランペッター兼ヴォーカリストだ。

戦後の1950年代のアメリカで巻き起こったウエストコーストジャズシーンのムーブメントを起こし、黒人アーティストがメインのモダンジャズで異質な存在を放った唯一無二の存在。

そんな彼の半生を描いた映画「ブルーに生まれついて(BORN TO BE BLUE)」が11月26日より、全国ロードショーされる。

L005C006_141203_R0YL.0112225 BTBB
チェット・ベイカーがシーンを駆け上がり、一世を風靡するも、麻薬に陥り転落していく苦悩と1人の女性との出会いによって、再生していく人生をリアルに描いている。

チェット・ベイカー役を演じているのは、名優イーサン・ホーク。

BTBB_DAY21-0045_1
6ヶ月にも及ぶトランペットのトレーニングを受けたイーサンは、劇中でチェット・ベイカーの代表曲である“My Funny Valentine”を披露している。

是非この機会に、チェット・ベイカーのジャズに対する生き様やジャズの世界観にどっぷりと浸ってみては。

また映画「ブルーに生まれついて(BORN TO BE BLUE)」の公開を記念して、11月25日に「ジャーナルスタンダード 新宿店」にてレセプションパーティーを開催される。

当日は、 ”DJ Mitsu the Beats” をゲストDJとして迎えるほか、ダンスパフォーマンス、フードサービスも充実している。
また音楽とスポーツの力を信じて疑わない女性に優しいハードコア集団「ジャジースポーツ」による“JAZZY SPORT Shop in Shop”も展開。

〈映画詳細〉
「ブルーに生まれついて(BORN TO BE BLUE)」
2016年11月26日(土)からBunkamuraル・シネマ、角川シネマ新宿ほか全国公開監督・脚本:ロバート・バドロー
出演:イーサン・ホーク、カルメン・イジョゴ、カラム・キース・レニー他
配給:ポニーキャニオン

<レセプションパーティー詳細>
開催日程:11月25日(金)
開催時間:20:00~22:30予定
開催場所:JOURNAL STANDARD新宿店
住所:東京都新宿区新宿4-1-7 1F
電話番号:03-5367-0175

MITSUTHEBEATS
ゲストアーティスト:DJ Mitsu the Beats(Jazzy Sport)

BROKENSPORT
ダンスショーケース:Broken Sport(Jazzy Sport)

JAZZYSPORT
物販:JAZZY SPORT SHOP IN SHOP
公式HP(http://jazzysport-shimokita.tokyo/)
(http://www.jazzysport.com/)