プッシュで世界を旅する、スケート映像監督の記録。

2018/05/23 - Art, Life Style, Movie

アフガニスタンや北朝鮮など、スケートボード的には極めて珍しい国を訪れ、スケートトリップを記録する映像作家のパトリック・ウォールナーによるプロジェクト「ユーラシアプロジェクト」が1冊の本にまとめたられた。

「ユーラシアプロジェクト」は、パトリック・ウォールナーがここ10年間で訪れたユーラシア大陸の101の国々(ヨーロッパからアジア)、や地域の旅の編年史。ことの始まりは、10,000キロに及んだモスクワから香港までの旅。飛行機は使わず、すべてスケートボードによる陸移動で、旅の友と多くの代表映像作品を残している。世界中の様々な地域(時には聞いたこともないような場所)を多くのスケートボーダー(Kenny Reed, Michael Mackrodt, Kirill Korobkov, Laurence Keefe, Gosha Konyshev and Walker Ryan)と共に旅し、いくつかの映像作品を制作してきた。

今回、そんな彼のプロジェクトがまとめられた写真集の発売にあたり、サポートしているアディダスにてリリースパーティーとエキシビション
“The Eurasia Project” book release event at adidas Originals Flagship Store Tokyoが開催される。

25日のイベント当日は数量限定の特別価格で販売とサイン会が行われるので、訪れてみてはいかがでしょうか?
Book Release Party : 5/25 (FRI) 18:00 – 21:00
Exhibition: 5/25 (FRI) – 6/15 (FRI)
Venue: adidas Originals Flagship Store Tokyo ( https://goo.gl/maps/o6v8oDS28uv )
unnamed

#adidas Japan - Eurasia Project May 25th Flyer

Visualtraveling – Eurasia Project Trailer #1 from Patrik Wallner on Vimeo.