CAR WASH(WEB連動版)

2017/05/30 - Life Style

最新号THE DAY vol.23に掲載中のコラム「CAR WASH」はご覧いただけましたか?
第7回を迎える今号は「正統派ホーラー映画とアメ車」についてです。
ぜひ本誌を見てから、ご覧ください!
まだご覧頂けていない方はコチラからご購入できます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スティーブン・キング原作のホーラー映画といえば、間違いなしの売れ筋ものになる。
それはアメリカのハリウッドの常識。
作者であるキングの達観しているところは、書けば映画化必至な中にあって、その版権を売ったら最後、自身が書いた小説と、監督がメガホンをとった映画では、べつものであるというのを徹底していたところだ。
考えてみれば、何百ページにも及ぶ小説が、2時間足らずの映像作品と同じなわけがない。
原作者が、作品を映像へと手放せることが、小説と映画でともにヒットを生むコツなのかもしれない。
クライスラー社のプリムス・フューリーは、小説の中でもスクリーンの中でも、妖しい赤色のアメリカンなルックスなままだ。イメージと映像が直結するのはいい。
そして直結したそれが、目の前に3Dになっているのはさらにいい。
そういうファン心理を見事なまでに射抜いているのが、ホットウィールズのシネマコレクションなのだろう。
CAR WASHはやめられない。